Nitrokey HSMとWindowsの組み合わせ#

  1. OpenSC <https://github.com/OpenSC/OpenSC/wiki>`_をインストールします。または、 この <https://www.cardcontact.de/download/sc-hsm-starterkit.zip>`_ ドライバ (source) をインストールしてください。

  2. SO-PINとPINを任意に定義してください。` これらの説明 <https://github.com/OpenSC/OpenSC/wiki/SmartCardHSM#initialize-the-device>`_ を参照してください。その後、generate new keys を開始することができます。

これでNitrokeyは使用可能です。

  • OpenSC のより快適なフロントエンドとして nitrotool が存在します。(hsmwiz)

  • 組込みシステム。最小限のメモリフットプリントを持つシステムのために、読み取り専用のPKCS#11モジュールが`sc-hsm-embedded <https://github.com/CardContact/sc-hsm-embedded>`_ プロジェクトで提供されています。

  • ` この PKCS#11 モジュール <https://github.com/CardContact/sc-hsm-embedded/wiki/PKCS11>`_ は、ユーザーの職場でのキー生成が必要ないような展開に便利です。PKCS#11モジュールは、ドイツ市場で入手可能な主要な電子署名カードもサポートしています。

  • OpenSCDPSmartCard-HSM は、オープンなスマートカード開発プラットフォームである OpenSCDP に完全に統合されています。詳細は、public support scripts をご覧ください。