NitroPhoneアプリ#

App Store#

非常に高いセキュリティ要件を満たすためには、できるだけ少ないアプリを使用して、攻撃対象を小さくする必要があります。その代わりに、NitroPhoneを日常的なスマートフォンとして使用し、より多くのアプリを使用したい場合には、以下をお勧めします。

  1. `F-Droid <https://f-droid.org/F-Droid.apk>`_App Storeをインストールしてください。これには、思い切った追跡も広告もない、もっぱらオープン ソースのアプリがあります。ここでは、さまざまな分野の何千ものアプリを見つけることができます。アプリをお探しなら、まずF-Droidをチェックしてみてください。

  2. F-Droidのアプリでは物足りないという方は、F-Droidを開き、Aurora Storeをインストールしてください。Aurora Storeでは、Google Play Storeにあるすべてのアプリをインストールすることができます。

  3. 多くのアプリは、Google Play Services を使用しなくても動作します。しかし、Google Play Servicesを必要とするアプリを使用したい場合は、以下のように`Google Play Servicesをサンドボックス<https://grapheneos.org/usage#sandboxed-google-play>`_ にインストールすることで使用できます。

    1. Graphenesアプリのリポジトリクライアントを開きます。ホーム画面 -> Apps (アプリ

    2. Google Playの3つのコアアプリケーション(Google Playストア、Google Playサービス、Googleサービスフレームワーク)をインストールします。

    3. Google Play Servicesのバッテリ最適化を無効にする(Pushを正常に動作させるため)。ホーム画面から、選択します。設定 -> アプリ -> Google Play サービス > バッテリー > 制限解除 を選択します。

    4. Google Playストアを一度開き、"Sign in"を押すと初期化が始まります。サインインは最後までする必要はありませんし、実際のログインも必要ありません。あくまでも初期化のためです。

ヒント

一部のアプリが Google Play Services にアクセスできないようにするには、Google Play Services を別のプロファイルにインストールします。そのためには、専用のユーザープロファイルを新規に作成し、そこにGoogle Play Servicesをインストールします。作業用プロファイルと*Shelter*を併用することも可能ですが、あまり隔離されません。

重要

Google Playストアでは、サンドボックスのためアプリのインストールやアップデートができません。代わりに、アプリのインストールには必ずF-Droid(オープンソースアプリ用)またはAurora Store(Google Play Storeのアプリ用)を使用してください。

対応アプリ#

以前はリストがありましたが、Play サービスの実装が進むにつれ、ほとんどのアプリが動作するようになりましたが、まだ動作しないものもあり、リストはこちら https://github.com/Peter-Easton/GrapheneOS-Knowledge/tree/master/App%20Incompatibility%20List に掲載されます。

対応する銀行アプリの ` リスト <https://akc3n.org/projects/banking/#list-of-banking-apps>`_ も存在します。該当するバンキング アプリの後ろにある [レポート] リンクをクリックすると、どの環境でサポートされているかが表示されます。

  • Pixel 4aはNitroPhone 1を指します。

  • Pixel 6はNitroPhone 2を指す

  • Pixel 6 Proとは、NitroPhone 2 Proを指します。

個々のアプリのパーミッション#

特定のアプリのネットワークアクセスやセンサーに関する権限を確認または変更するには、以下の方法があります。

各アプリのアイコンを長押し ->アプリ情報 ->許可