ハードウェアの概要#

概要#

NextBoxは、以下のハードウェアコンポーネントで構成されています。

  • Raspberry PI 4 Type B

  • Nitrokey NextBox(アルミニウム)ケース

  • 内蔵ハードドライブ(SSDまたはHDD)

  • NextBox リセットシールド

  • 各種小型部品(内部配線、コネクター)

筐体はアルミニウム製で、パッシブサーマルデザインを採用しています。接着剤で固定された部品はなく、ケースはプラスドライバーで簡単に開けることができます。 ケースを開けると保証が無効になりますのでご注意ください。また、専門家ではないユーザーがケースを開けることは一般的にお勧めできません。特に熱伝導性が損なわれ、NextBoxの放熱能力が低下する可能性があります。

コネクター&インターフェース#

NextBoxでは、Raspberry PI 4に搭載されているすべてのポートに加えて、電源コネクタにアクセスしやすいようにUSB Type Cポートが1つ追加されています。以下では、それぞれのコネクターとインターフェースについて簡単に説明します。

  1. Status LED

  2. doc:`Factory-Reset<technical/factory-reset>`のハードウェアボタンです。

バックビュー
  1. **USB Type-C / Power Supply**コネクタは、前面の純正コネクタの代わりに指定されており、NextBoxへの電源供給専用で、データ転送はできません。

ヒント

NextBoxの右側は、必須のインターフェースがすべてここからアクセスできるように設計されています。

ライトビュー
  1. RJ45 - 1GbEイーサネット**コネクタは、NextBoxとホームネットワークを接続し、常に接続状態を保つことができます。

  2. Free USB 3 - Type A Slot, please see Hardware FAQ.

  3. **内蔵ハードディスク用のUSB 3-Type Aスロットです。このコネクタは絶対に外さないでください!

  4. 2x Free USB 2 - Type A Slots, please see Hardware FAQ.

ヒント

外部電源付きのハードドライブを使用すると、利用可能なUSBスロットのいずれかを使用できます。ただし、USB 2スロットのデータ転送帯域幅は、USB 3スロットに比べて小さいことにご留意ください。

  1. **USB Type-C / Power Supply**(純正)コネクタ、**[3]**として使用可能。

  2. Micro HDMI 1スロット、使用可能ですが必要ありません。

  3. Micro HDMI 2スロット、使用可能ですが必要ありません。

  4. ヘッドフォンジャック、使用可能だが必要ない。

フロントビュー

ヒント

フロントインターフェースは全てオプションであり、NextBoxを使用する上では必要ありません。USB Type-C/電源**を使用することもできますが、NextBoxの右側にある代替品を使用することで、すべての配線を片側に集約することができます。