アップデートモードを手動で起動する#

(Nitrokey Storage 2 - Linux)

注釈

以下の手順は、Windows 10 Build 1809(またはそれ以上)、ファームウェア0.52以前のNitrokey Storageを使用している場合のみ必要です。それ以外の場合、または別のシステムにアクセスできる場合は、` こちら <firmware-update.html>`_ で説明する定期更新で十分かつ簡単に行うことができます。

必要なもの#

Nitrokey Storageを手動で(Nitrokeyアプリを使わずに)アップデートモードにするには、以下のようにします。

バレーナエッチャーの設置#

Balena Etcherは、USBイメージのUSBメモリへのインストールを支援します。以前ダウンロードしたインストール ファイル をダブルクリックし、指示に従って操作してください。

img1
img2

Balena EtcherによるUSBイメージのインストール#

通常、プログラムはインストール後すぐに開きます。そうでない場合は、デスクトップにショートカットが表示されます。アプリケーションを使用して、` 前にダウンロードした画像ファイル <https://github.com/Nitrokey/nitrokey-storage-update-boot/releases>`_(".img.zip" で終わっている)を選択します。ここで、USBメモリを挿入します。自動的に認識されるはずです。フラッシュ!」を押して先に進みます。

img3
img4

アプリケーションに変更を許可する必要があります。

img5
img7
img8

イメージが正常に転送された後、Windowsはデバイスをフォーマットするかどうか尋ねてきます。ここで「キャンセル」をクリックしないと、USBメモリーがWindowsによって上書きされてしまうからです。

img9

USBメモリからの起動#

ここで、システムを再起動する必要があります。USBスティックでシステムを起動できるように、USBポートにUSBスティックを差し込んだままにしておく必要があります。一部のデバイスでは、システムが含まれている場合、USBスティックから自動的に起動するように設定されています。再起動後、USBイメージではなくWindowsがすぐに起動する場合は、BIOSをUSBから起動するように設定する必要があります。多くのシステムでは、Escapeキー、F10キー、F11キー、F12キーで設定できます。多くの場合、デバイスの起動時に、いわゆる「ブートメニュー」にどのキーを使うかのヒントがあります。

システムが起動したら、「1(English)」と入力してEnterキーを押し、言語を選択してください。

img10

求められたらNitrokey Storageを挿入してください。

img11

標準のパスワードが設定されている場合は、自動的にファームウェアアップデートモードが開始されます。それ以外の場合は、パスワードを入力してエンターキーを押す必要があります。

img12

システムがNitrokey Storageのファームウェアのアップデートを有効にした後、60秒後に再起動が発行されます。USBスティックを取り外してください。その後、` こちら<firmware-update.html>`_ の説明に従って、Windows の Nitrokey Update Tool を使用することができます。

USBメモリの復元#

Windowsで初めてUSBスティックを挿入すると、Windowsは自動的にUSBスティックのフォーマットを要求してきます。これまで通りお使いいただけますので、ご了承ください。

img13