アイピーセック#

(Nitrokey Start - Linux)

Strong SwanPKCS#11 ドライバー で動作しています。基本的には以下の手順で行います。

  1. pkcs11-tool を使って Nitrokey で鍵を生成します。この例では4096ビットのRSAキーです。

$ pkcs11-tool --module /usr/lib/x86_64-linux-gnu/pkcs11/opensc-pkcs11.so -l -k --key-type rsa:4096 --id 10 --label 'Staging Access'
  1. openssl + pkcs11 モジュールによる証明書署名要求の生成

$ openssl
OpenSSL> engine dynamic -pre SO_PATH:/usr/lib/x86_64-linux-gnu/engines-1.1/pkcs11.so -pre ID:pkcs11 -pre LIST_ADD:1 -pre LOAD -pre MODULE_PATH:/usr/lib/x86_64-linux-gnu/pkcs11/opensc-pkcs11.so
OpenSSL> req -engine pkcs11 -sha256 -new -key id_10 -keyform engine -out user@email.com-staging-cert.csr -subj '/C=GB/L=Cambridge/O=Organization/OU=Staging Access/CN=user@email.com/emailAddress=user@email.com'
  1. お使いの認証局で証明書に署名する

  2. 証明書をDERに変換する

$ openssl x509 -in user@email.com-staging-cert.csr -out user@email.com-staging-cert.der -outform DER
  1. pkcs11-toolでNitrokeyに証明書をインポートします。

$ pkcs11-tool --module /usr/lib/x86_64-linux-gnu/pkcs11/opensc-pkcs11.so -l -y cert -w user@email.com-staging-cert.der --id 10 --label 'Staging Access'
  1. Strongswanがopensc-pkcs11モジュールをロードし、Nitrokeyで証明書をロードするよう設定します。etc/strongswan.d/charon/pkcs11.conf を編集して、以下のモジュールを追加してください。

modules {
   Nitrokey {
       path = /usr/lib/x86_64-linux-gnu/pkcs11/opensc-pkcs11.so
   }
}
  1. IPSec/StrongswanによるVPN接続を開始し、Nitrokey PINの入力を求めるプロンプトが表示される。

  2. VPNが接続されました